Blog 薪ストーブの知恵袋

北海道 札幌市 グリーンアーチ様(アロマテラピーサロン) | 薪ストーブ導入事例

モルソー薪ストーブ»モルソーとは»導入事例»北海道 札幌市 グリーンアーチ様(アロマテラピーサロン)

導入事例Construction Case

北海道 札幌市 グリーンアーチ様(アロマテラピーサロン)

Voice

なぜ薪ストーブを導入したのですか?

このアロマテラピーサロンは「自然」をテーマとしています。
北海道産の木の外壁や床、珪藻土の壁等の自然素材で作られた上質な空間。
そんな自然がテーマのサロンには、やはり薪ストーブがぴったりと考えました。

友人がモルソーの薪ストーブを使用しており、良いメーカーと以前から聞いていました。
調べてみると、伝統があるデンマーク王室御用達のブランドであることや鋳物の作りがしっかり
していることが分かり興味が強くなりましたね。

製品を見て私が一番気に入ったのが、他のストーブには無い「オークの葉&リスのレリーフ」です。
薪ストーブに森を象徴するこんな可愛いデザインがあるなんて!もう一目惚れでしたね。

機種を選定するにあたっては本当に色々と迷いました。
担当の方に、デザインだけではなく自分が扱いやすい大きさかどうかも重要だとアドバイスを
いただき自分が使うときのことを具体的にイメージして決定しました。

そして、実際に導入して思ったのは、やはり『暖かさが違う』ということです。

電気ストーブや灯油ストーブとは明らかに違う薪ストーブの柔らかい暖かさ、そして炎の揺らぎ、
木の燃える音すべてが五感に働きかけ、リラックス効果をもたらしていると思います。

今まで薪ストーブを使用したことが無く未知の世界でしたので、導入しても本当に自分で
使いこなせるのかなど正直不安でいっぱいでした。でも、今では着火するのも燃えている薪ストーブの
前から離れるのにも慣れました。使わない季節も素敵なインテリアの一部として存在感があります。
導入して本当に良かったですね。

今の世の中はいくらでも便利な物が溢れていますが、あえてアナログな薪ストーブを使い、
火をおこす、燃え移るのを待つ。その一連の作業が火を大切にしていた遠い原始の記憶と繋がり、
特別な豊かさを感じるのです。

炎を眺めることで得る「心の贅沢」。炎の揺らめきは見飽きることがありません。

サロンのお客様にはトリートメント前にフットバスをして頂くのですが、薪ストーブの炎を眺めながらのフットバスは心まで温かくリラクゼーションに導かれると、たくさんの方々からご好評を頂いています。

マンションの1室にあるサロンとは違い、木々に囲まれ、薪ストーブのあるお部屋で、
香りやフットバスを楽しむことができるこのサロンは、自然豊かな北海道ならではの空間です。

Data

お客様 アロマテラピーサロン グリーンアーチ様
立地 北海道 札幌市
延床面積 34平米
家族構成
年齢
使用機種 3142CB
備考

アロマテラピーサロン グリーンアーチ 様
〒064-0964 札幌市中央区宮の森 1条16丁目1-5
(アロマテラピーサロン グリーンアーチでご検索ください)

3142CB

3142CB

1998年、熟達した技術の向上とイギリスの著名なデザイン会社であるQueensbury Hunt Levien社とのコラボレーションによって生まれました。

現代的でエレガントな風貌を持ちながらも、あらゆる燃焼原理を満たしているこの3142CBは「バッジャー(あなぐま)」の愛称で慣れ親しまれており、モルソーでは常に異彩を放った存在のストーブです。

使用機種詳細はこちら

導入事例一覧へ

ピックアップ

morso

morso

160年以上続くデンマーク伝統技術の結晶。

Accessories
その木どこの木?木材利用ポイント
プロが贈る薪ストーブの知恵袋
Morso松戸ショールーム

取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。