Blog 薪ストーブの知恵袋

北海道 ニセコ町 ペンション(レストラン) | 薪ストーブ導入事例

薪ストーブモルソー»モルソーとは»導入事例»北海道 ニセコ町 ペンション(レストラン)

導入事例Construction Case

北海道 ニセコ町 ペンション(レストラン)

Voice

なぜ薪ストーブを使うのですか?

私自身が薪ストーブを40年以上使用しており、体の芯から暖まることを知っていましたので
是非ペンションのお客様にもこの「柔らかい暖かさ」を味わっていただきたいと思い導入しました。

かなり寒くなる地域ですので、インテリア要素・外観の美しさだけではなく、製品の耐久性を重視
しており、実用に耐えうる実績を持っていたモルソーを導入しました。
そして広い面積を暖められるパワーを持つ3610CB(リビングに設置)と1620CB(レストランに設置)の2台を選びました。

薪ストーブは一度火を入れるとずっと暖かく保ってくれるので重宝しています。
炎の揺らめきも素敵ですので、薪ストーブの炎を眺めながら晩酌しているお客様も多いですね。

高気密住宅は換気扇を回すと煙が逆流してしまう場合があるという話を聞くので、
様子を見て外気導入も検討しようと思っています。

Data

お客様 N様
立地 北海道 ニセコ町
延床面積 70坪(3階建てペンション レストランに設置)
家族構成
年齢
使用機種 1620CB
備考

レストランとリビングの2ヶ所に薪ストーブを設置。

1620CB

1620CB

1620CBのサイドパネルにあしらわれている鳩のレリーフ模様もまた伝統的なクラシックタイプを象徴するアイテムであり、
大きなアーチ型ガラスをもったドアーパネルは心地よさと空想的な趣をより一層引き立ててくれます。

1985年の生産以来、人気のあるシリーズとして今もなお君臨し続けています。
そのクラシック・デザインのもつ郷愁的で魅力に満ちあふれている容貌は古民家やカントリーハウスにもマッチします。

使用機種詳細はこちら

導入事例一覧へ

ピックアップ

morso

morso

160年以上続くデンマーク伝統技術の結晶。

Accessories
その木どこの木?木材利用ポイント
プロが贈る薪ストーブの知恵袋
Morso松戸ショールーム

取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。