薪ストーブで豊かな生活

Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

中古の薪ストーブを選ぶ時のポイント | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»中古の薪ストーブを選ぶ時のポイント

中古の薪ストーブを選ぶ時のポイント

2016-06-13

中古の薪ストーブを選ぶ時のポイント

ここ数年で薪ストーブの良さが見直されてきています。

薪ストーブにもいろいろと種類はありますが、冬場のご家庭で主役として活躍する石油ファンヒーターや電気ストーブなどと比べてみると、価格がやや割高なため、まだまだ気軽に購入できる暖房機器であるとは言い切れません。こういう時は中古の薪ストーブを探してみるのも一つの手です。

中古の薪ストーブを探す

新品はちょっと高くて手が届かないという時、中古品なら安く購入できるのではと考えます。薪ストーブの中古品を探す場合は、車のように中古市場が殆どないため、希望のサイズやデザイン、機能を持ったものを探し出すにはかなりの苦労を要します。

また、お目当ての薪ストーブに巡り合えたとしても、それを新品で購入した薪ストーブオーナーさんの殆どは、よほどの事情がない限り、長期間使用してから手放すケースが多いので、程度もまちまちです。

もちろん、薪ストーブにも寿命はありますから、仮に15年以上使用されていたものを中古で購入して、消耗部品を交換する際にスペアパーツが入手できず、結果として修理を行わずに、短期間で新しい薪ストーブに買い換えてしまったというケースも考えられます。

つまり、中古の薪ストーブがあったとしても、それを問題なく安全に継続して使えるかどうかは保証されていません。

オークション

たまにネットオークションに中古の薪ストーブが出品されている事があります。この場合、薪ストーブを購入してみたが、必要とする家の暖房空間と薪ストーブの暖房能力が合わなかったなどの事例が多いのですが、運良く落札できたとしても、大きさと重さを考えると送料がかなりの金額になる可能性があります。

送料に納得できたとしても、薪ストーブが自宅に届いたその日から自分で立てたプランに基づいて設置をしなければいけません。また、薪ストーブを設置する場合は本体の買い換えを除き、煙道部材の購入とそれらを取り付ける作業も必要となるため、それなりの知識とツールがないと難しい面があります。

オークションは常に気に入った条件の品物はあるとは限らないので、タイミングや運も必要です。

中古の薪ストーブが少ない理由

薪ストーブを新しく買い換える場合でも、元々使っていた古い薪ストーブは、資源ゴミとしてリサイクルに出して、別の姿に生まれ変わるのが一般的な為、中古の薪ストーブは殆ど出回らないのです。

デンマークのmorso社では、実際に製造される薪ストーブの9割以上がリサイクル鉄を使って作られています。

新品の薪ストーブは高いから中古品にしようと安易に考えがちになるのも仕方ないことですが、薪ストーブの場合はなかなか中古品が手に入らない上、安全面でもきちんとしたプランニングと煙道部材などの購入や施工知識やツールを必要とし、保証制度もないため、かえって新品の薪ストーブを購入するよりも余計な時間と労力を費やしてしまうことも考えられます。

薪ストーブは価格も大切ですが、安全性とトータルコストも重視した上で検討をして下さい。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。