Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

暖房効率を最大限に発揮!間取りに応じた薪ストーブの選び方 | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»暖房効率を最大限に発揮!間取りに応じた薪ストーブの選び方

暖房効率を最大限に発揮!間取りに応じた薪ストーブの選び方

2016-08-03

薪ストーブを設置するにあたり、暖房効率を考えるうえで「間取りと薪ストーブの設置場所」の関係は重要です。間取りを考えずに設置してしまうと、十分な性能を発揮できず、しっかりと部屋を暖めることができません。暖房効率と間取りのレイアウトを考えるとき、どのようなバランスがよいのかを考えてみましょう。

輻射式の薪ストーブの特徴

既にご存知の方も多いかもしれませんが、薪ストーブの燃焼方式は、「輻射式」と「対流式(輻射・対流式)」の2つに大別されます。では、輻射式とはどのような特徴があるのでしょうか。

輻射式とは、薪ストーブの炎が薪ストーブ本体を暖め、そこから発せられる遠赤外線(輻射)によって暖める方法です。遠赤外線は空気や身体、壁に届き、物自体を直接暖めます。包み込むような柔らかい暖かさ、いわゆる「陽だまりのような暖かさ」が特徴です。遠赤外線は人体に有益な波長の電磁波ですが、あくまでも光です。

そのため、壁・棚などでさえぎるだけで途端に暖かさを失ってしまいます。せっかく、薪ストーブを設置したのに部屋が暖まらない場合、ストーブの周りに障害物があるからかもしれません。

輻射の仕組みを考えると、部屋の中でも最も障害物が少ない場所に薪ストーブを設置すべきです。おそらく、多くのご家庭においては、部屋の中央が最も障害物の少ない場所です。そこで、暖房効率を考えて薪ストーブを設置するなら部屋の中央がよいと言えます。

暖房効率と間取りのバランス

日本の住宅事情を考慮すると、現実的には部屋の中央に薪ストーブを配置することは難しいことが多く、家具のレイアウトや導線も限られてしまうため、部屋の間取りとのバランスを考える必要があります。では、部屋の中央およびその他の場所に設置した場合の暖房効率を考えてみましょう。

基本の設置場所3パターン

中央に設置した場合

もし全方位に放熱する薪ストーブであれば、暖房効率の面では最も効率的な薪ストーブの設置場所です。ただし、部屋の間取りを崩してしまう可能性があるため、その他のインテリアやキッチンなどの設置場所とのバランスを考えなければなりません。導線を崩す恐れもあることから、生活における利便性を損なう可能性があります。また、実際には全方位に放熱するするストーブは非常に稀です。

壁面に設置した場合

次に暖房効率が良いのは壁面に背を向けて設置した場合です。背面は壁になってしまいますが、前面・左右の180度へ熱を伝えることができます。家具のレイアウトや生活導線も確保しやすく、比較的多い設置パターンと言えるでしょう。

コーナーに設置した場合

薪ストーブをコーナーに設置する場合、デッドスペースを有効に使うことができるため、薪ストーブが邪魔になりません。間取りを考えるときに一番障害が少ない設置場所です。さらに、対流式の場合は、コーナー設置でも輻射式に比べて壁に近づけやすくなる点も利点です。背面出しジョイントを装備しても、本体をそれほど前に出して設置する必要もありません。

こんな場所への設置は注意

なるべく避けたい、階段下

部屋のスペースの関係上、やむなく階段下に設置するケースも見受けられますが、これはなるべく避けたい設置場所です。なぜなら、暖気は基本的に上に向かって昇っていきます。階段下でストーブを焚くと、暖気はストーブを設置しているフロアよりも先に階段を伝って上のフロアを暖める働きをします。

そのため、暖めたいフロアが一向に暖まらないということになってしまいます。やがて暖気は熱の対流で下のフロアに戻ってきますが、そのときはかなり温度が冷やされ、かつかなりの時間を要します。

吹き抜け下も、要注意

雑誌や広告で、高い吹き抜け天井の下に設置されている薪ストーブをよく見ますが、実は暖房効率で考えるとその位置は非効率的です。よほど大きなサイズのストーブを使っているのであれば問題ありませんが、基本的に暖気は上に上昇しますので、間仕切りによっては家全体を暖める熱量(カロリー)が必要になります。

できれば天井のあるリビングで、暖気の上昇をそこでいったん抑えてくれるような場所に設置すれば、十分に薪ストーブの暖かさを享受できます。さらに間仕切りを解放すれば隣の部屋に暖気を自然と送ることができます。

必要最小限のスペースを暖めることで、薪の消費量も最低限に抑えることができます。もし新築設計時から薪ストーブの導入を検討するのであれば、暖気の留め方や放熱のさせ方まで考えて間取りを考えたいですね。

間取りを考えるなら対流式のストーブ

輻射式の薪ストーブは、身体に対して熱が優しく包み込むような暖かさがあります。自然な暖かみを感じますが、部屋の設置個所に悩まされることも少なくありません。これらの問題を解消するのが対流式の薪ストーブです。

対流式といっても、ガラスからは輻射式ストーブと同様の輻射熱を感じることができます。対流式はつまり、対流+輻射式なのです。どちらの特長も併せ持つハイブリッドタイプといってもいいかもしれません。

対流式の薪ストーブは、まず本体底面にあった冷たい空気を本体背面で暖めます。そして、本体前面から放出することで部屋を直接暖めるのです。側面に対流層を設けているため、直接ストーブ側面の壁に熱が伝わりにくくなっています。

このため、コーナーに設置する場合、壁に近づけて設置しやすいというメリットがあります。また、対流式は輻射式に比べて暖房速度が早い点も、特長の一つです。部屋の間取りを邪魔せず、レイアウトや導線の問題を解消した上で薪ストーブが設置できます。

間取りや部屋の雰囲気づくりを悩ませる薪ストーブ

輻射式および対流式の薪ストーブの特徴についてご紹介しました。どちらも違った良さがあるのですが、壁により近づけて設置できる(省スペース)という点では対流式の薪ストーブがおすすめです。

もちろん、薪ストーブを選ぶ基準は間取り以外にも様々ありますので、専門店でよく相談し、総合的判断で決めることが重要です。特に多くの方が薪ストーブ設置時に頭を悩ませる問題として、薪ストーブのデザインおよびサイズがあげられます。

一般的に、薪ストーブはサイズが大きく、男性的なデザインのものが多いです。スローライフを象徴する薪ストーブらしい見た目はかっこよいものですが、壁面に設置したのに出っ張ってしまう、部屋のインテリアが女性的な雰囲気なので合わないなどの問題が生じることもあります。

女性的でコンパクトな薪ストーブならmorso

せっかくの薪ストーブが間取りや部屋の雰囲気づくりを台無しにしてしまわないよう、暖房効率のほか、デザインやサイズ感にもこだわりたいものです。そこで、対流式かつ、女性的でスタイリッシュなデザインとコンパクト性を持つmorsoの薪ストーブをおすすめします。

なぜ、morsoが女性にも支持されるデザインを実現しているのでしょうか。それは世界中の人々が魅了されるデニッシュデザインにあります。デンマーク生まれのデニッシュデザインはシンプルでスタイリッシュ。それでいてどんな空間にも似合うデザインは、インテリアとしての存在感は十分なのに、レイアウトを邪魔しないサイズが魅力です。

部屋の導線を邪魔することもなく、対流式薪ストーブもラインナップに登場しているので、暖房効率の面でも心配することはありません。

間取りと暖房効率のバランスを考え始めると、薪ストーブ選びに迷ってしまいます。また、デザイン面でも部屋との調和が難しいのですが、morsoの薪ストーブならすべての悩みが解決するはずです。ご自宅をリフォームするときや新築住宅を建てるとき、ぜひmorso製品を検討してみてください。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。