Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの寿命 | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの寿命

薪ストーブの寿命

2016-01-26

電気ストーブや石油ストーブなどの機械物には必ず寿命がありますが、薪ストーブは堅牢な鉄で作られているので一生使えるのでは?と期待している人も多いでしょう。ここでは薪ストーブの寿命について検証していきます。

薪ストーブにも寿命がある

燃料になる薪を用意できれば、薪ストーブは一生暖を取ることができる便利な道具だと考えている方も多いようですが、残念ながら薪ストーブにも寿命はあります。

薪ストーブの材質にはいくつか種類がありますが、使用する時には高熱で燃やし続けることになり、煤も灰も出て錆も発生するので、当然いろいろな部分に消耗は発生します。
さらに薪ストーブにはいろいろな部品が使われているので、定期的な部品の交換も必要となり、燃料以外にもある程度のランニングコストは必要となります。

薪ストーブの寿命は何年?

薪ストーブの寿命は、使用されている材質や製品によってもかなり違ってきます。30年以上使用している人もたくさんいれば、数年で新しいものに交換しなければいけなくなる人もいます。

例えば乾燥していない薪を使用してしまうと多量の空気を送らなければ燃えません その結果高温になりすぎてストーブを痛めます。また、ドアガスケット、バッフル等の炉内の構成部品は消耗して交換が必要です。これを怠ると燃焼をコントロールできない状態になり故障の原因になります。

要は薪ストーブを使う側のメンテナンス次第で、耐用年数・寿命が変わっていくのです。

薪ストーブを使用しないオフシーズンごとにしっかり点検とメンテナンスをする必要があります。さらに薪ストーブには必ず煙突が必要で、煙突もしっかり手入れをしなければ中に煤などが溜まってしっかり燃焼できなくなるばかりか、ストーブの寿命を短くしてしまいます。

薪ストーブの寿命まとめ

このように使い方やメンテナンス次第では長く使用できる商品です。
また長期使用するための部品を供給するメーカーや輸入会社の販売体制がしっかりしているところを選ぶことも重要です。

薪ストーブをご検討でしたらこちらのページもおすすめです

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。