薪ストーブで豊かな生活

Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

煙道部材について【その②】 | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»煙道部材について【その②】

煙道部材について【その②】

2015-07-28

7月14日(火)にご紹介させて頂いた二重断熱煙突に引き続き、今回は後編としてジョイントパイプ部材と関連部材について改めてご紹介させて頂きます。

② ジョイントパイプ部材:
一般的にシングル煙突、海外ではチムニーコネクターとも呼ばれており、空気や断熱材による断熱層のない単層の室内用煙突です。用途としては、薪ストーブ本体と二重断熱煙突を接続する際に使用されるものです。*メーカー推奨値として、天井高2.4mに対してストーブ本体や不燃ステージ、天井面から垂れ下げた二重断熱煙突を差し引いた長さの範囲内に限ります。

シングル管&ガラスフロアプレート他300.jpg

③ 関連部材:
薪ストーブ本体の口元から二重断熱煙突やジョイントパイプを繋ぐストーブジョイント、屋根の素材や積雪量の多い地域に対応したフラッシング、雨水や鳥の侵入を考慮したラウンドトップや愛鳥ネット類、建物外部の意匠性も兼ねたチムニートップや雨仕舞角型ルーバートップ、煙突の荷重や風圧、雪の重み、地震による揺れにも考慮した支持金物類、壁面天井部分の煙突貫通部分に使用される化粧金物類、薪ストーブ本体並びに煙突から可燃壁面部分までの離隔距離が短縮できる、パイプシールドやウォールヒートシールド、ストーブ床面を保護する目的の他に薪ストーブ本体を設置する部屋全体の雰囲気を演出するスチールやガラス、ハースタイル等様々な素材と形状寸法のフロアプレートなどが含まれます。

角型ルーバートップ400.jpg

薪ストーブ本体と煙道部材のプランニングと施工に際しては、建築基準法や消防法などの法令や、設置する地域の火災予防条例に基づいて、安全に行う必要がある上、専門業者による薪ストーブ本体の他に煙道部材のメンテナンスを定期的に少なくとも年に1回行う必要があるため、安心できる施工・メンテナンス技術を持っているところにご相談されることをお勧めします。まずは弊社及びモルソー正規代理店にて、相談を伺っておりますので、お気軽にお尋ね下さい。

URL ⇒ http://www.morso.jp/agencies/

お問い合わせフォームからも、様々な相談を受けております。

URL ⇒ http://www.shingu-shoko.co.jp/contact03/

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。