Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

ストーブに適した薪について | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»ストーブに適した薪について

ストーブに適した薪について

2015-08-28

木の発熱量は樹種に左右されることは殆どなく、その質量に比例します。一般的に広葉樹は針葉樹に比べて密度が高く、同じ体積・含水率では発熱量が高い為、火持ちが良く重宝されています。また、松などの針葉樹はヤニの発生が多く、煙道内を汚してしまい、煙道火災などのトラブルの原因につながるので、ヤニの少ない樹種の方が薪に適していると言われていますが、一番重要な点は【よく乾燥している】ことであり、広葉樹も針葉樹も乾燥さえ
しっかりしていれば、使用できます。
モルソーストーブをご使用する際は、薪の含水率を15~20%まで乾燥させていただくことをお願いしています。
木は燃焼する過程で、内部に含まれている水分を蒸発させながら燃えます。この時、せっかく木の燃焼で得られた熱も、水分の蒸発に費やされてしまいます。充分に乾燥をしていない薪では、ストーブ本来の暖かさをフルに発揮することもできません。また、水分を多く含む薪では多くの煙を出し、ストーブ本体や煙道内にタールを付着させてしまいます。タールは煙道内火災を引き起こす原因にもなりますのでご注意ください。

この冬に使用したい薪がありましたら、もう一度その薪を割って中心部の含水率を
確認することをお勧めします。

MORSO含水率計.jpg

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。