薪ストーブで豊かな生活

Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの維持費について | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの維持費について

薪ストーブの維持費について

2016-07-05

薪ストーブの維持費について

石油ストーブやファンヒーターに比べて、電気代やガス代がかからない、地球環境にやさしいなどのメリットが多い事から、薪ストーブが注目されるようになっています。薪ストーブにも維持費はかかりますので、どのくらいかかるかを知っておく事が大切です。

薪ストーブにかかる維持費

薪ストーブにかかる維持費は主にメンテナンス費用です。家の中でも安全に使えるのは煙突を正しく設置する事が大前提ですが、煙突には薪を燃やす度にススが付きますから、定期的な煙突掃除が必要です。

煙突掃除は専用のブラシ等を使用します。掃除をするのは薪ストーブを使うシーズン終了後ですから、時間をかけてゆっくり掃除ができます。しかし屋根上作業など危険が伴うことがある場合は専門店に依頼してください。

初期費用について

メンテナンスをしてしっかり管理していれば長く使えますが、本体価格が安い物でも20万円から40万円はします。さらに薪ストーブの設置には煙突工事も必要になりますから、本体価格と設置費を合わせて80万円から100万円の初期費用が必要となります。

初期費用はかかりますが、灯油や電気を使わないため、長い目で見ると経済的で地球環境にも人にもやさしい暖房器具です。

薪の入手方法について

すぐに使える状態にした薪を販売している業者から購入する事ができますが、かなり費用がかかります。薪ストーブには広葉樹が向いていると言われていますが、しっかりと乾燥させた物なら針葉樹でも問題ありません。

日本では広葉樹よりも比較的針葉樹の方が入手しやすいので、工夫すれば薪代はかなり節約できます。

他にも製材所や造園業者が処分する、端材を譲ってもらえば薪代を節約できます。端材の処分には費用がかかるため、無料で譲ってもらえる事も多いです。薪割りという作業は必要ですが、手間をかけるほど薪ストーブへの愛着は高まります。

暖房器具としても優秀ですが、料理もできるから生活に楽しみが増えるのが最大のメリットです。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。