Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの蓄熱性とカーボンニュートラル | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの蓄熱性とカーボンニュートラル

薪ストーブの蓄熱性とカーボンニュートラル

2016-03-25

薪ストーブは一般の暖房器具と比べて蓄熱性に優れていて、一度本体が暖まれば 炉内に焼べた薪が熾火や灰になっても しばらくは仄かな暖かさを発してくれるとても暖房能力の良い暖房機器です。ここでは蓄熱性に優れている薪ストーブの特徴をいろいろ紹介しています。

薪ストーブの蓄熱性とカーボンニュートラル

蓄熱性の高い薪ストーブとは

薪ストーブには大きさや材質、形状、燃焼方式などによって様々ですが、機器の暖房能力すなわち蓄熱性を判断するものとしては、薪ストーブが開放型であるか密閉型であるかによって決まります。開放型の薪ストーブは炉の開口部分に装備されているメッシュのファイヤースクリーンカーテンや据え置きタイプのドアーを外して焚くと、薪が爆ぜる音やダイナミックな炎の揺らめきが直に堪能することができますが、薪が燃焼することによって発生した暖房エネルギーの殆どが煙と一緒に煙突に吸い上げられてしまうため、暖房効果は期待できません。一方、密閉型のストーブは機密性に優れているため、開放型のストーブのような臨場感は多少劣ってしまうものの、燃焼室から発生した暖房エネルギーを確実に室内空間に伝えることができるため、現在の薪ストーブの主流となっています。

鋳物の薪ストーブがおすすめ

薪ストーブには鋳物製と鋼板製のものがありますが、蓄熱性の面で言えば鋳物製がおすすめです。鋳物製の薪ストーブは、本体から遠赤外線をたっぷり放出し、遠赤外線は人体にも優しくて、体の芯から温めてくれます。

遠赤外線は皮下組織に働きかけ、血管を拡張して新陳代謝を高めて健康な体を作るエネルギーを作り出します。薪ストーブから他の暖房器具と異なる暖かさを感じられるのは、遠赤外線効果によるものです。

また、鋳物製や鋼板製の薪ストーブなどの躯体に更に蓄熱性に優れたソープストーンやサンドストーンなどの天然石パネルをトッププレートやサイドプレートに重ね合わせた薪ストーブも市場に出回っており、蓄熱性の他に意匠性も高めています。

カーボンニュートラルについて

薪ストーブは蓄熱性に優れていて、身体にも優しいことが分かってもらえたかと思いますが、薪ストーブの燃料となる木は特殊な性質をもっています。木は成長する過程において光合成を行い、その時に膨大な量の二酸化炭素を取り込みます。やがて木が倒され、薪として燃焼された時に発生する二酸化炭素の量は、成長過程において取り込んだ二酸化炭素の量とほぼ同じです。その上、薪ストーブによって薪の燃焼が効率よく行われると、発生する二酸化炭素の量はさらに減少します。

その為、薪はカーボンニュートラルで且つグリーンエネルギー資源であると言われています。石油や石炭または天然ガスのような化石燃料と異なる木質バイオマスエネルギーである薪は、植林を施すことによって伐採された木に代わって再生することができます。それによって中立な二酸化炭素の循環過程(サイクル)が代々保たれています。したがって、薪ストーブを利用することは身体にも環境にも良いことが分かっています。

このように、薪ストーブは蓄熱性に優れていて身体にも環境にも優しい暖房器具です。 その優しい暖かみを肌で感じられるため、健康志向の面でも非常に打って付けの暖房機器と言えるでしょう。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。