薪ストーブで豊かな生活

Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの工事費の違いについて | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの工事費の違いについて

薪ストーブの工事費の違いについて

2015-10-30

薪ストーブの煙突の構造図

薪ストーブを設置する場合には、電気ストーブのように置けばいいわけではないので、必ずそれを設置する工事が必要になります。
はじめて薪ストーブを購入する方のために、ここでは薪ストーブの工事費のことについて説明します。

【選ぶ薪ストーブの種類によって工事費も異なる】

薪ストーブの工事費は、選ぶ薪ストーブによって大きく変化してきます。
薪ストーブにも、ホームセンターなどで販売されていて数万円で購入できる安価なものから、100万円以上もする高価な商品もありますが、一般的に高価なストーブになればなるほど工事費も高くなり、安価なものだと工事費は安くなります。
ホームセンターなので購入できる安価な薪ストーブを自分自身で設置すれば、工事費を0にすることもできますが、安全面には十分に気を付けなければいけません。

【煙突の品質や長さによって工事費はかなり変化する】

薪ストーブの工事費には煙突代がプラスされている場合が多く、煙突の品質を上げたり、煙突を長くすればするほど、煙突本体や部材も多く必要になるため、工事費もかなり高くなってしまいます。
薪ストーブ本体の値段よりも、煙突代金を含めた工事費の方が高くなることも珍しくはないので、これから薪ストーブを自宅に設置しようといろいろなカタログなどを見る場合は、本体価格にプラスして煙突代金や工事費もしっかりと見積りしておく必要があります。

【設置場所によっての工事費の違い】

薪ストーブを設置するための工事費は、設置場所によってかなり変わってきます。
薪ストーブは安全面に配慮して設置しなければいけないため、安全が十分に確保できない場合はそれを確保するために煙突を含めいろいろな付属品が必要になります。
広いスペースがあり近くに壁などが全くない場合は、同じ薪ストーブを設置する時でも工事費は安くなります。
反対に近くに壁があったり、曲り煙突(エルボ部材)が多かったりすると、工事費も高額になります。

このように薪ストーブを設置する時の工事費は、薪ストーブの本体価格や使用する煙突の品質や設置場所によって大きく変わってきます。
したがって薪ストーブは工事費を含めた予算の中で選ぶようにして下さい。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。