Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの導入でご近所トラブルを避けるために | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの導入でご近所トラブルを避けるために

薪ストーブの導入でご近所トラブルを避けるために

2016-05-16

薪ストーブの導入でご近所トラブルを避けるために

薪ストーブは、石油ストーブやガスストーブとは違い環境に優しい暖房器具として注目を集めていますが、それでも煙突からでる煙が心配で導入を迷っている人も多いでしょう。ここでは薪ストーブを導入するにあたり、ご近所トラブルを避けるためのポイントを紹介します。

トラブル避け1:住宅密集地での薪ストーブ導入時

環境に優しい薪ストーブとはいえ、煙突からは必ず煙は出ます。薪ストーブでご近所トラブルになるほとんどは煙のせいで、外に干していた洗濯物に煙があたるので気を付けて欲しいというクレームを付けられることが稀にあります。

住宅密集地で薪ストーブの導入を考えている場合は、風向き等を考えて煙突配管を決めるようにすることがポイントとなります。東西南北全てに建物がある場合は、特に注意が必要になりますので、事前の現地調査が重要です。

トラブル避け2:煙突は屋根よりも高く

かなり住宅が密集している場合でなければ、さまざまな地域で薪ストーブを導入するケースが増えてきました。

その理由は最近では多くの薪ストーブユーザーが高性能な製品を使用するようになり、加えて煙突もシングルでなく2重断熱煙突が当たり前、よりクリーンな排煙を実現できるようになっており、煙で周辺に害を与える心配が減ってきたためです。

煙は煙突から昇っていくために、煙突を屋根から規定値より高くすることに気を付ければ、ご近所トラブルを回避しやすくなります。

トラブル避け3:薪ストーブの焚き方に注意を

煙突を屋根よりも高くしても、風や気圧の影響で煙が地面に降りてくることがあります。その際にご近所トラブルを起こさないためにも、普段からできるだけ煙の出しにくい焚き方を心掛けましょう。

ポイントは炉内の温度を上げて燃焼温度を高くし完全燃焼させることで、そのためには必ず良く乾いた薪を使用し、熾火をたくさんつくり、薪を追加した時にはいぶさないようにすぐに炎を上げるようにしましょう。(空気の絞り過ぎは要注意です)こうすれば煙をかなり抑えることができ、ご近所トラブルを回避できます。

ご近所トラブルを避けるためのまとめ

このように、煙突を屋根よりも高くして、ストーブの焚き方に注意すれば、ご近所トラブルになることはほとんどないでしょう。

薪ストーブをご検討でしたらこちらのページもおすすめです

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。