Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの消火 | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの消火

薪ストーブの消火

2016-02-24

薪ストーブの消火

薪ストーブをはじめて利用する時に気になるのが、薪ストーブの消火方法だと思います。燃料がなくなれば自然に消化しますが、果たして水をかける必要があるのか?など購入前から心配している人も多いようです。ここでは薪ストーブの消火方法について紹介しています。

燃焼に必要なもの

/

消火を考える前に、そもそも薪ストーブが燃焼するのに必要なものは何かを考えてみます。3つあります。・・・答えは
1. 燃料(薪)
2. 空気
3. 熱
です。つまり、このうちのどれかひとつでも欠ければ、薪ストーブは燃焼を続けられなくなります。

ではそれぞれの因子を失くす方法を考えてみましょう。

1. 薪

当然ながら消火させるためには、新たな薪の投入は避けましょう。薪が無くなれば自然とストーブは鎮火します。近く外出の予定がある場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。共働きの方は、平日は朝の使用を控え、夜に楽しみをとっておくのも一興です。そのほうが燃料代もかさみません。

2. 空気

空気を絞ることで炉内を酸欠状態にし、強制的に鎮火させることは可能です。しかしこの場合、不完全燃焼によって煙が燻り、ススがガラスに付着してしまいます。またススは煙突内部にも付着し、タールの原因となります。煙突内に堆積したタールは煙道内火災を引き起こしかねないので、無理矢理吸気を絞るのは極力控えましょう。

3. 熱

鋳物は急激な温度変化に弱いため、熱を持っているときに水などをかけると割れる場合があります。急冷はやめましょう。割れるとむしろ危険です。つまり、消火させるためには、薪の供給を止めるのが一番なのです。

やっぱり不便?薪ストーブ

/

そう考えるとやはり薪ストーブは不便かもしれません。スイッチひとつでON-OFFの切り替えができないのですから。薪集めだって一苦労です。でもそれを補って余りある良さがあるのも、これまた事実。それはたぶんショールームに行けばおのずと感じることができると思います。

以上の特徴を良く踏まえたうえで、皆さんのライフスタイルをイメージしながら薪ストーブを選ぶところから楽しんでください。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。