Blog 薪ストーブの知恵袋
プロが贈る薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの掃除の仕方 | 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブモルソー»プロが贈る薪ストーブの知恵袋»薪ストーブの掃除の仕方

薪ストーブの掃除の仕方

2016-07-29

薪ストーブは定期的に掃除が必要です。ただし掃除をするのにタイミングもあるため、毎日掃除する必要はありません。薪ストーブの掃除の仕方や掃除をするタイミングを紹介します。

薪ストーブの掃除の仕方

本体の掃除

薪ストーブ本体の薪を入れて燃やす部分は、薪が燃え尽きると灰になります。本体内部の灰は毎回捨てずに2㎝位残しておきます。灰受けに落ちた灰は、シーズン中は常に受け皿にある程度入れときます。下側への断熱材の役割もあります。

掃除をするのは薪ストーブを使わなくなる春頃です。使わない間灰をそのままにしておくと、梅雨や夏の湿気が多い時期に灰が湿気を吸い、内部が錆びる原因となるので必ず掃除をします。

かき出し棒ですべて灰をかき出し、ほうきなどで細かい灰も綺麗に取り除いておきます。灰は花壇の肥料に使えます。

煙突の掃除

薪ストーブのシーズンが終わったら煙突掃除も必要です。道具を揃えて自分で掃除をする事もできますが、かなり大変です。

ハシゴ、軍手、ロープ、防塵用マスク、ゴーグル、煙突掃除ブラシ各種、ワイヤーブラシ、掃除機、ゴミ袋、シート、ゴミ袋などがあれば自分でも掃除ができますが、安全面に不安があれば専門店に依頼しましょう。

Morso松戸ショールーム



取扱いブランド

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。