薪ストーブで豊かな生活 | いろいろな薪ストーブの比較

Blog 薪ストーブの知恵袋

いろいろな薪ストーブの比較

いろいろな薪ストーブの比較

Comparison

一口で薪ストーブと言っても、材質や大きさや煙突によっても性能や品質が全く異なってきます。ここではあなたにとってベストな薪ストーブを選んでもらえるように、いろいろな面から薪ストーブを比較していきます。

いろいろな薪ストーブの比較

鋳物と鋼板

薪ストーブに使われる素材を大きく分けると、鋳物と鋼板があります。鋳物と鋼板を比較すると、鋳物は金属を加熱して溶かした後で、型に流し込んでから冷やして固めてつくった金属製品のことで、鋼板の薪ストーブは、その名の通りに鉄の板からつくられた製品のことです。

鋳物は熱に強く、一度暖まると冷めにくく、鋳物でつくられた薪ストーブのほとんどには、本体にキレイな模様が施されているのが大きな特徴です。これに対して鋼板の薪ストーブは、自由自在に鉄の板を折り曲げられることから、アール加工がしやすいのも大きな特徴です。

輻射式・開放式・対流式という暖房方式について

薪ストーブには、開放式と輻射式と対流式の3つの暖房方式があります。開放式とは暖炉と同じ方式で、その名の通りに扉などがついていない火をそのまま感じられるモノです。

最も流通している輻射熱暖房

輻射式とは、最も流通している暖房方式で、ストーブ自体を暖めて、ストーブに触れる周辺の空気を暖める(輻射熱)ようになっています。

対流式の薪ストーブのメリット

対流式とは、ストーブの外側にもう一枚鋼板や鋳物を使用して、空気層を設けて、空気層を通る空気を暖めて放出することで空間を暖めます。対流式のメリットは、二層部分がそれほど高温にならないので、可燃壁からの離隔が短縮できることです。

煙突について

昔はシングル煙突しかありませんでしたが、今では2重断熱煙突が当たり前となっています。シングル煙突と2重断熱煙突を比較すると、安全性やドラフトが安定してストーブの性能を引き出します。2重断熱煙突を選ぶことをおすすめします。

このように薪ストーブを購入する時には、材質や暖房方式(対流式や輻射熱など)や煙突の種類など、いろいろ比較しなければいけないことがあります。その他にも、スペースに合った大きさやデザイン性や価格など、比較しなければいけないポイントはたくさんあります。

取扱いブランド

  • 薪ストーブのモルソー
  • 薪ストーブのSCAN

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。