薪ストーブで豊かな生活 | 薪ストーブの魅力を詳しくご説明します。

Blog 薪ストーブの知恵袋

薪ストーブの魅力を詳しくご説明します。

薪ストーブとは

About Wood Burning Stove

薪ストーブの様々な利用目的

薪ストーブとは

薪ストーブには様々な利用目的がございます。
ひとつは暖房として。薪ストーブの放つ遠赤外線は、石油ストーブやファンヒーターと比べてかなり強く、体の奥深くにじんわり伝わってきます。また、特に温風を強制的に発することもありませんので、静かでありながらも強力な暖かさを享受できます。

次にあかり。薪ストーブの燃える炎は絶えず揺らめき、時間の移ろいとともにその姿を変えていく姿は、まるで生き物のようです。つい時間を忘れ火に見入ることもしばしば。ワインを飲んで家族と語らうのも一興です。一昔前はテレビがリビングの中心にありましたが、薪ストーブが来たその日から、そのポジションを取って代わられるかもしれません。

最後に調理。薪ストーブは一度火を入れるとかなりの熱源になります。炉内でピザを焼いたり、肉を焼いたり、天板でダッチオーブンを温めたり、様々な調理を愉しめます。また、調理の過程で家族のコミュニケーションも密になるでしょう。

暖房としての実用性が高く、炎を見て安らぐことができ、調理も愉しめる・・・
そして何より、家族の絆を深め、それぞれの心の拠り所となるのが、薪ストーブのある暮らしではないでしょうか。どんな仕事人間でも早く家に帰りたくなる、そんな風にしてくれるのが、薪ストーブの魔力であり、魅力なのかもしれません。

薪ストーブについて

日本には春夏秋冬があり、季節に応じて気温が変化します。海外の中には一年中暖かい場所、寒い場所がありますが、日本はそれとは異なります。主に一年中寒い地域と知られているのはロシア、暖かい地はハワイなど世界には日本の環境と異なる地域が多いです。

夏は多くの家庭でエアコンを使用します。一方、冬は暖房器具を使用してお部屋を暖めます。夏は40℃を超える猛暑の日もあり、寝苦しい熱帯夜にはエアコンを就寝中も多くのご家庭で利用しています。

一方で冬は、暖房器具を用いてお部屋を暖めます。暖房器具として挙げられるのが石油ストーブ、ファンヒーター、薪ストーブです。石油ストーブは化石燃料である石油を利用してお部屋を暖めます。ホームセンターやガソリンスタンドなどでは灯油が販売されており、使用時には灯油を燃料として使用します。

石油ストーブは一般家庭でも使用され、運転している時は上部から熱を出すため、そこにやかんを置いてお湯を沸騰させることもできます。また、冬は空気が乾燥していますが、やかんから出る蒸気でお部屋の乾燥を防ぎ、快適に利用できます。ファンヒーターは利用者が多く、ボタンひとつで運転可能です。ファンヒーターも灯油やガスを使用します。

薪ストーブは薪を燃料とし、お部屋を暖めることができます。昔は見たことがあるが今では使う人は少ないのでは?と思われる方もいるでしょう。確かに昔、多くのご家庭で薪ストーブは使用されていましたが、現在でも使用して生活を楽しまれている方も数多くいらっしゃいます。別荘だけでなく、一般的な住宅でも一戸建てなどであれば取り付け可能です。

元々は欧米諸国など寒さの厳しい地域で使用されるのが一般的でした。また、日本でも山荘などで使用され、一度目にしたことがある方も少なくありません。特徴として挙げられるのが環境保全に役立てられる点です。燃料が薪なため、使用する際には二酸化炭素を放出しますが、石油ストーブにおいても化石燃料である石油を燃料として燃やすため二酸化炭素を発生させます。

薪も石油も自然由来の成分ですが、数万年あるいは数億年かけてできる石油に比べ、木はわずか数十年で成熟し、燃料として利用できるようになります。そのため、薪はサスティナブルエナジーとして注目されることもあります。

さらに、心を落ち着かせることができることも特徴の一つです。 炎を見て心が癒される経験をされたことがある方もいるのではないでしょうか。

薪ストーブを実際に使用する時は煙突の設置が必要です。煙突があることによってストーブ性能を高めることができます。二重断熱煙突を使用することで、冷えた空気から内筒を守り煙突内部を高温に保つことができます。これにより煙突内外の温度差が大きくなる為、シングル煙突と比べてより強いドラフトを発生させることができます。

未乾燥の薪を使い続けたり、煙突掃除を怠ったりすることでドラフトが適切に得られない時は煤などが内部に付着して煙道火災を発生させることもあります。普段使用するご家庭では年に一度定期的にお掃除をして煤などを取除き安全使用を心がけましょう。

薪ストーブとは

煙突のクリーニングと価格について

煙道火災のリスクを減らすために煙突のクリーニングを定期的に行います。シーズン前には煙突掃除をするのが普通です。シーズンは各地域で異なりますが、寒い地域では10月頃から使い始め、その他の地域でも11月には使用を始める方がほとんどでしょう。

使用する前には煙突のお掃除を行います。屋根の上に登るのは危険を伴いますし、もちろんプロの掃除の方が質が高いので専門業者に依頼する方も多いです。もし煙突内部に付着しているタールや煤を放置し、そのまま使うと煙道火災の原因になります。最低でも年に一回はお掃除をして安全に使用するようにします。

薪ストーブの価格はそれぞれの販売店で異なりますが、主に本体、煙突の材料、施工費用の三つの費用がかかります。本体価格に加えてそれぞれの費用が必要です。予算に応じて本体を選択し、施工を依頼しましょう。

薪ストーブとは

ショールームに足を運びあなたの目で確認しよう

薪ストーブを販売する店舗、企業では祝日を除く平日や土日にショールームをオープンしているところが多いです。ショールームでは実際に薪ストーブを焚くことができることも多く購入を考える方にはとても参考になります。また、自分のお部屋に設置したらどのような感じになるのかなどのイメージを明確にしてから購入が可能です。

ショールームを利用する際には予約をしましょう。ホームページからでもショールームに予約できることが多いため、予約を速やかに行えます。また、実際にショールームに足を運ばれる方は住所などを確認して道に迷わないように安全に足を運びましょう。

薪ストーブとは

取扱いブランド

  • 薪ストーブのモルソー
  • 薪ストーブのSCAN

※本体価格・仕様等は掲載時点での情報であり、現状と異なる場合がございます。
最新の情報につきましては正規代理店または当社へお問合せ下さい。